お知らせ

情報が更新された順に並んでいます。

「お知らせの高評価記事ランキング」には785件の情報があります。

101位 佐用町地域創生 人口ビジョン・総合戦略の策定について

 本町で進行する人口減少・少子高齢化に歯止めをかけ,将来の人口展望を示すとともに,佐用らしさを生かした活力ある地域を取り戻し、希望の持てる未来を創りあげていくため,まち・ひと・しごと創生法に基づき,「佐用町地域創生 人口ビジョン・総合戦略」を策定しました。



企画防災課 まちづくり企画室[平成29年9月4日(月曜日)0時0分]
102位 JR姫新線、智頭急行等でめぐる旅

兵庫県HPに「Iron Man,Iron Ladyの散歩道(鉄道を利用したモデルルート提案)」のページが掲載されました。
兵庫県各地の主に鉄道を利用したモデルルートの提案です。
関連リンクのとおり、姫路駅から佐用駅をはじめ、佐用町の駅を経由して岡山県や鳥取県に行くルートもあります。
参考にしていただき、是非、佐用町にお越しください。

企画防災課 まちづくり企画室[平成29年10月16日(月曜日)18時2分]
103位 広報さよう 2013年2月号

まちの情報や話題が満載。
広報さようは「関連リンク」からアクセスしてください。

総務課 広報室[平成25年2月4日(月曜日)13時37分]
104位 ふるさと佐用応援寄附金の募集について

佐用町は、豊かな自然と歴史的風土に育まれた財産を後世まで引き継ぐため、寄附金を募っております。
ふるさと佐用のまちづくりに対しまして、ぜひ応援をお願いします。
お寄せいただきました寄附金は、「ひとづくり」「まちづくり」「自然環境づくり」の各事業に大切に活用させていただきます。

企画防災課 まちづくり企画室[平成29年7月12日(水曜日)18時33分]
105位 広報さよう 2010年4月号

まちの情報や話題が満載。
広報さようは「関連リンク」からアクセスしてください。

総務課 広報室[平成24年2月29日(水曜日)17時13分]
106位 姫新線80周年記念「姫新線のある風景」写真展作品募集について

 「姫新線」が誕生(昭和11年10月10日)してから80年を迎えます。
 記念事業として、姫新線及び沿線地域の魅力を再発見するため、「姫新線のある風景」をテーマとした写真展を開催し、その作品を募集します。
 詳しくは、「関連リンク」「添付ファイル」をご覧ください。

企画防災課 まちづくり企画室[平成28年8月4日(木曜日)8時19分]
107位 上月城趾

戦国時代の織田と毛利の攻防の地として、また尼子家再興に燃えた山中鹿介の最後の地として知られる上月城。その起こりは延元元年(1336年)赤松氏の流れをくむ上月次郎景盛が太平山に砦を築き、後に二代目盛忠がこの地に本拠を移したことに始まります。

商工観光課 商工振興室[平成26年1月9日(木曜日)18時5分]
108位 町税の証明等と手数料

本庁税務課及び各支所、三河出張所で発行することができます。

税務課 町税対策室[平成23年8月18日(木曜日)9時21分]
109位 平知盛塚

源平の戦いに敗れた平家の残族が逃げ込んだという「平家の落人伝説」が、この地に残っています。
平知盛(清盛の子)の家臣らが逃げ込んだと言われており、この塚は彼をしのんで建てたと伝えられています。

商工観光課 商工振興室[平成23年8月30日(火曜日)13時51分]
110位 三日月藩乃井野陣屋館

元禄10年(西暦1697)、津山藩森家の改易に伴って、その分家である森長俊が現在の佐用町三日月の地に移住。佐用町だけでなく宍粟・揖保郡の一部を含む1万5千石の藩主となりました。以後明治までの174年間、乃井野地区を城下に、政治・文化の中心地として栄えました。

整備された物見櫓は、三日月藩の乃井野陣屋で唯一現存する江戸時代の建築遺構で、現存する陣屋の物見櫓としては、全国的にも希少で大変貴重な建築遺構であると評価されています。

教育課 企画総務室[平成26年8月12日(火曜日)11時54分]
111位 南光自然観察村 Q&A

よくあるご質問をまとめました。

南光自然観察村[平成29年3月30日(木曜日)10時32分]
112位 広報さよう 2015年1月号

まちの情報や話題が満載。
広報さようは毎月5日発行です。
ご覧になりたい月を選択してください。

総務課 広報室[平成26年12月25日(木曜日)14時24分]
113位 瑠璃寺

神亀5年(728年)、聖武天皇の勅願により、僧行基が開山し、本堂、金堂、薬師堂をはじめ、12の坊舎を建立したのが南光坊瑠璃寺であり、1200有余年の永きに亘り加持祈祷の修験道場としての伝統をもつ高野山真言宗派の名刹です。

冬には、大護摩と追儺式が行われ、20数名の山伏がホラの音を合図に問答と読経をはじめる様は壮観です。

また、重要文化財の鐘は権律師覚祐が願主となり、赤松一族が寄進した記名があり、応安二年の銘がある。覚祐は播磨守護であった赤松則村(円心)の末弟と伝えられています。

商工観光課 商工振興室[平成23年8月30日(火曜日)13時3分]
114位 佐用町職員の給与・定員管理等について

佐用町職員の給与・定員管理等について

総務課 総務人事室[平成30年5月16日(水曜日)14時15分]
115位 ひまわり油

身体にやさしい自然な油。炒めて、揚げて、サラダにもお使いいただけます。無農薬栽培の種子使用で薬品処理も一切行わない無添加油です。

商工観光課 商工振興室[平成23年8月30日(火曜日)13時52分]
116位 佐用町ホームページをリニューアルします

町は、ホームページを利用されるみなさまがより見やすく、使いやすいホームページを目指して、佐用町公式ホームページをリニューアルします。

公開は平成30年3月19日(月曜日)からです。


総務課 広報室[平成30年3月14日(水曜日)12時56分]
117位 ひまわりオイルサミット2017を開催

 本サミットは昨年度、ひまわりオイルをテーマにまちづくりを進める自治体が集い、その魅力を発信するため、初めて開催しました。

 今回は、昨年度の1市2町を上回る2市3町(北海道名寄市、北海道北竜町、兵庫県洲本市、兵庫県佐用町、香川県まんのう町)及び1団体(117KOBEぼうさい委員会)、1社((株)テクノーブル)が参加して、購買層となる都市部でのPR及び生産者、栽培農家同士の交流、企業連携などを目的に、次のとおり開催します。

農林振興課 農林水産振興室[平成29年7月10日(月曜日)17時53分]
118位 広報さよう 2005年11月号

まちの情報や話題が満載。
広報さようは「関連リンク」からアクセスしてください。

総務課 広報室[平成24年2月29日(水曜日)17時27分]
119位 使用済小型家電リサイクルを行っております

 古くなったり、壊れた小型家電の処分はどうされていますか?
 これまで「もえないごみ」などとして処分してきた小型家電には、金や銀、希少価値のレアメタル等の有用な金属が多く使用されており、地上に蓄積された工業製品を資源と見立てて「都市鉱山」と呼ばれています。
 これらの有用金属等のリサイクルを推進するため、平成25年(2013年)4月に小型家電リサイクル法(使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律)が施行されました。

佐用クリーンセンター (住民課 環境衛生対策室)[平成28年2月24日(水曜日)16時30分]
120位 佐用町福祉資格取得助成事業

 高齢化に伴い介護職員が不足している中、福祉資格取得者の増加、良質な人材の確保及び定着を図るため、福祉資格の取得に要した費用の一部を助成します。
 この事業は、たつの市・宍粟市・上郡町と同様の内容で播磨科学公園都市圏域定住自立圏構想連携事業として実施します。

地域 包括支援センター[平成29年6月22日(木曜日)13時6分]