現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 「住民課 年金・保険室」の一覧

手続き・申請・業務

住民課 年金・保険室」には17件の情報があります。

国民健康保険 療養費の給付
 次のような場合は、いったん医療費を全額支払っていても、申請により保険適用分の保険給付額が払い戻されます。申請に必要な書類を添えて住民課、各支所・出張所へ申請してください。
 払い戻しの時効は、2年ですのでご注意ください。なお、福祉医療費助成制度に該当されている方は、福祉医療費助成の申請も必要となります。
町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年10月18日(水曜日)14時36分]
交通事故等にあったら・・・・
 交通事故や傷害事件などのように第三者(加害者)から受けた傷病は、加害者が被害者の治療費を負担するのが原則です。国民健康保険で治療を受けた場合でも、加害者が負担すべき医療費を国民健康保険が一時立て替えた後、被害者にかわって加害者に請求することになります。「第三者行為による傷病届」の提出が義務づけられていますので、住民課へ届け出てください。
 また、届け出の前に加害者と示談を結んでしまうと、その示談の取り決めによっては、あとで国民健康保険から加害者に請求できなくなる場合があります。示談を結ぶ前に、住民課までご相談ください。
町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年10月10日(火曜日)11時32分]
国民健康保険税の介護保険適用除外の取り扱いについて
■国民健康保険税の介護分および介護保険適用除外施設について 
 国民健康保険加入世帯のうち、介護保険第2号被保険者(40歳から64歳まで)の人がいる世帯については、医療保険分、後期高齢者支援金分に介護保険分を加えた金額がその世帯の国民健康保険税額となります。
 ただし、介護保険第2号被保険者(40歳から64歳まで)の人が介護保険適用除外施設に入所された場合、入所期間中は、申請によりその人にかかる国民健康保険税のうち介護保険分の納付が免除となります。 
 介護保険適用除外施設に入所または退所された場合は、14日以内に届け出てください。
町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年8月28日(月曜日)16時38分]
高齢重度障害者医療費助成制度
兵庫県と佐用町が共同で助成する、福祉医療制度のひとつです。
対象となるかたには、「高齢重度障害者医療費受給者証」が発行されます。 
町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年8月1日(火曜日)7時56分]
重度障害者医療費助成制度
兵庫県と佐用町が共同で助成する、福祉医療制度のひとつです。
対象となるかたには、「重度障害者医療費受給者証」が発行されます。 

町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年8月1日(火曜日)7時56分]
母子家庭等医療費助成制度
兵庫県と佐用町が共同で助成する、福祉医療制度のひとつです。
対象となるかたには、「母子家庭等医療費受給者証」が発行されます。 
町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年8月1日(火曜日)7時55分]
乳幼児等医療費助成制度
兵庫県と佐用町が共同で助成する、福祉医療制度のひとつです。
対象となるかたには、「乳幼児等医療費受給者証」が発行されます。 
町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年8月1日(火曜日)7時55分]
国民年金に加入する
国民年金は老後やいざというときに、みんなで助け合う制度です。すべての町民が加入するようにしましょう。
町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年8月1日(火曜日)7時55分]
高齢期移行助成制度
兵庫県と佐用町が共同で助成する、福祉医療制度のひとつです。
対象となるかたには、「高齢期移行受給者証」が発行されます。
町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年8月1日(火曜日)7時55分]
ジェネリック医薬品を利用しましょう!
★ジェネリック医薬品とは★

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、最初に作られた薬(先発医薬品、新薬)の特許期間終了後に有効成分、用法・用量、効能・効果が同じ医薬品として申請され、厚生労働省の承認を得て製造・販売される医薬品のことです。ジェネリック医薬品は、特許期間が経過した後に製造されるため、研究開発にかかる費用を抑えることができる分、先発医薬品に比べて、価格が安くなります。

町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年3月2日(木曜日)11時2分]

現在の位置:トップ > お知らせ > 「住民課 年金・保険室」の一覧

このページの先頭に戻る