手続き・申請・業務

「健康福祉課 健康福祉推進室」には14件の情報があります。

地域生活支援拠点事業

 地域生活支援拠点は、障がいのある人の重度化・高齢化や「親亡き後」を見据え、相談、緊急時の受け入れ・対応等の必要な機能を備えています。佐用町では、相談支援事業所「すまいる」が地域生活支援拠点として、障がいのある人の生活を支えます。

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成30年7月3日(火曜日)10時1分]
障害者福祉

障害者福祉

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成30年5月16日(水曜日)14時17分]
高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種費用の助成

 高齢者の肺炎球菌による肺炎の発症や重篤化を予防するため高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種費用の一部を助成します。

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成30年5月8日(火曜日)8時44分]
第5期佐用町障害福祉計画・第1期佐用町障害児福祉計画

町では、障がいのある方に関する障害福祉サービスや地域生活支援事業の円滑な実施を確保するため、障害者総合支援法に基づく「第5期佐用町障害福祉計画」(児童福祉法に基づく第1期佐用町障害児福祉計画を含む)を策定しました。

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成30年4月6日(金曜日)17時41分]
佐用町地域福祉計画

町の福祉の道しるべ「佐用町地域福祉計画」を、平成30年3月に策定しました。

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成30年4月6日(金曜日)17時38分]
ヘルプマーク・ヘルプカード

ヘルプマークは、義足のかた、障がいのあるかた、妊娠しているかたなどが、周囲から援助を必要としていることを知らせるためのマークです。佐用町では、ヘルプマークが掲載されたタグ(ヘルプマーク)、ならびにカード(ヘルプカード)を交付します。また、このマークを身につけたかたが困っている際には、援助をお願いします。

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成30年4月2日(月曜日)10時31分]
児童手当

 児童手当は、子ども・子育て支援の適切な実施を図るため、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成30年1月16日(火曜日)17時47分]
児童扶養手当(母子・父子家庭等の手当)

 児童扶養手当は、父または母と生計を共にできない児童が養育されている家庭の生活の安定と自立を助け、児童の健全育成を図ることを目的とした制度です。児童の父または母や父または母にかわってその児童を養育しているかた、あるいは父または母が極めて重度の障害がある家庭の親に支給されます。

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成29年1月25日(水曜日)17時31分]
手話奉仕員及び要約筆記奉仕員派遣事業

町では、聴覚障害者および音声または言語障害者(以下「聴覚障害者等」という。)に対し、手話奉仕員および要約筆記奉仕員を派遣することにより、聴覚障害者等の社会参加の促進を図っています。

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成28年11月11日(金曜日)18時18分]
携帯型磁気ループシステムの貸出

 町は、難聴者が会議や講演会で音を聞き取りやすくなる「携帯型磁気ループシステム」を無料で貸し出します。システムを使って5メートル四方を囲んだケーブルへマイクの音を流すと、この中に座ったかたの補聴器を通して音がきれいに聞こえます。
 マイクから出る直接の音を聞くよりも雑音が少なく、システムを持ち運びできるのが良い点です。自治会や地区の会議などでご利用ください。
 貸出方法など詳しくは健康福祉課までお問合せください。

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成28年11月11日(金曜日)18時17分]