手続き・申請・業務

「町民の方へ こんな時は [住まい]」には12件の情報があります。

町営住宅入居者募集について

佐用町では、町営住宅入居者募集を毎月1日から10日までの期間で実施しています。
申し込みを希望されるかたは、収入基準など入居条件をご確認の上、必要書類を添付して募集期間内に商工観光課定住対策室へ提出してください。
令和2年4月から、一般住宅については、同居親族要件を廃止しました。
また、連帯保証人については不要とし、緊急連絡人の届け出が必要となりました。

町長部局 商工観光課 定住対策室[2020年5月29日(金曜日)18時24分]
定住促進住宅入居者募集について

 佐用町では、定住・移住を促進するため定住促進住宅(五反田住宅)を設置しています。
 新婚世帯、子育て世帯に対しては家賃の減額を4年間行うなど、若い方々に入居していただきやすい制度を設けていますので、入居要件を確認の上お申し込みください。
 令和2年4月から、連帯保証人については不要とし、緊急連絡人の届け出が必要となりました。

町長部局 商工観光課 定住対策室[2020年5月29日(金曜日)18時23分]
国民健康保険に加入する

 国民健康保険(国保)は、加入者のかたが病気やケガをされたとき、安心して医療機関にかかれるように、普段から経費(国保税)を出しあい、お互いに助け合う制度で、国民年金や介護保険等とともに、わが国の社会保障制度の一躍を担うものです。
 町に住民登録されているかた(外国人登録を含む)は、すべて国保に加入しなければなりません(職場で社会保険に加入しているかた、生活保護を受けているかたを除く)。

 下記のような場合、14日以内に届出が必要です。加入届が遅れると、保険税をさかのぼって納めていただくほか、その間、保険診療が受けられないことにもなります。

町長部局 住民課 年金・保険室[2020年5月20日(水曜日)9時18分]
町営住宅使用料の徴収猶予・減免について

町営住宅の入居者で、やむを得ず町営住宅使用料(家賃)を払えない状況になった入居者に対し、申請により、家賃の徴収猶予や減免などができる場合があります。
◆ 必要書類 収入が減少したことを証明する書類、収入状況がわかる書類 など

町長部局 商工観光課 定住対策室[2020年5月1日(金曜日)17時36分]
佐用町若者住宅新築応援金

佐用町では定住促進を図ることを目的に、住居を新築する若者を応援する制度を開設しています。

町長部局 商工観光課 定住対策室[2020年3月12日(木曜日)15時5分]
国民年金に加入する

国民年金は老後やいざというときに、みんなで助け合う制度です。すべての町民が加入するようにしましょう。

町長部局 住民課 年金・保険室[2019年12月10日(火曜日)17時19分]
結婚新生活支援補助金

新婚世帯の住居費や引越し費用に最大24万円を支援します。

佐用町では、新婚世帯の住宅の取得、賃貸費用や引越し費用の実費に対し、最大で24万円を支援する「結婚新生活支援補助金制度」を実施します。(国の結婚新生活支援事業費補助金を受けて実施します。)

町長部局 健康福祉課 子育て・福祉室[2019年5月24日(金曜日)11時2分]
住民異動手続

住民票に関する内容に変更があった場合に変更手続きを行うための書類です。

町長部局 住民課 戸籍・住民相談室[2019年5月10日(金曜日)8時24分]
住民登録に関する主な届出

住民登録とは居住関係を明らかにし、“佐用町民”(住民票)に登録するものです。
届出は、本庁・支所・出張所のいずれでもできます。

町長部局 住民課 戸籍・住民相談室[2019年5月10日(金曜日)8時24分]
佐用町空き家バンク

佐用町では定住促進と地域の活性化を図ることを目的に、「空き家バンク」を開設しています。
これは、賃貸・売却を希望される空き家を、「空き家バンク」へ登録していただき、定住するため空き家を利用したいというかたに情報を提供する制度です。

町長部局 商工観光課 定住対策室[2016年8月12日(金曜日)10時1分]