佐用町業務継続計画(BCP:Business Continuity Plan)

 業務継続計画(BCP:Business Continuity Plan)とは、ヒト、モノ、情報及びライフライン等利用できる資源に制約がある状況下に、災害応急対策業務及び継続性の高い通常業務(以下「非常時優先業務」という)を特定するとともに、非常時優先業務の業務継続に必要な資源の確保・配分や、指揮命令系統の明確化等について必要な措置を講じることによって、大規模な災害時にあっても、適切な業務執行を行うことを目的とした計画をいいます。

 佐用町地域防災計画は、災害対策基本法第42条に基づき災害時の応急対策業務等について定めていますが、住民生活に重大な影響を及ぼすと考えられる通常業務や、庁舎等なども被災し、人・物資・情報・ライフライン等利用できる資源に制約を受け、行政機能が低下することは検討されていないため、そうした場合でも住民生活等を支える行政機能を維持することが求められ業務継続計画が必要となります。
 町では、行政機能が低下した場合でも、「佐用町地域防災計画」に定められた応急対策や復旧・復興業務を実行するとともに、優先度の高い行政サービスを継続するため、平成25年6月に地震及び風水害に対応した佐用町業務継続計画を策定しました。

 平成29年12月に、内閣府で避難勧告等に関するガイドラインの改定及び県地域防災計画の修正(平成29年)並びに県水防計画の修正(平成29年度)を踏まえた見直しを行いました。


 ■ 佐用町業務継続計画の構成
   佐用町業務継続計画の構成は次のとおりとなります。
    第1章 業務継続の基本方針等
    第2章 業務継続体制の検討
    第3章 業務継続体制の向上
    第4章 参 考

関連書類

ご案内

関連分類

情報発信元

 お問い合わせ
ファックス:0790-82-0492
メールアドレス:bosai@town.sayo.lg.jp

アンケートより良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

役に立った どちらともいえない 役に立たなかった