下水道ストックマネジメント計画を策定しました

佐用町 下水道ストックマネジメント計画
計画期間:令和2年度から令和6年度

【下水道ストックマネジメント(施設管理)とは】
ストックマネジメントとは、長期的な視点で膨大な下水道施設(ストック)の老朽化の進展状況を予測し、リスク評価等により優先順位付けを行なったうえで、施設の点検・調査及び修繕・改築等を実施し、下水道施設(ストック)全体を計画的かつ効率的に管理していくものです。

【下水道ストックマネジメント計画とは】
佐用町の下水道施設(管路)は、平成4年度から整備を行い、現在、約213キロメートルの管路施設を管理しています。下水道管きょは、今後、老朽化することが見込まれる一方、本格的な人口減少社会の到来による下水道使用料収入の減少により、財政状況のひっ迫化が予測されます。
このような下水道事業を取り巻く状況の中、佐用町では、下水道ストックマネジメント計画を策定しました。今後は、この計画に基づき、計画的かつ効率的に点検・調査及び修繕・改築を行い、ライフラインである下水道施設を健全に管理するとともに、より安定的な下水道サービスを提供していきます。

関連書類

カテゴリ

町民の方へ

生活・環境
上下水道

関連分類

情報発信元

 お問い合わせ
ファックス:0790-82-0482
メールアドレス:jogesuido@town.sayo.lg.jp

アンケートより良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

役に立った どちらともいえない 役に立たなかった