簡易耐震診断を受けましょう

昭和56年5月31日以前に着工した住宅の所有者のかたを対象に、希望に応じて「簡易耐震診断技術者」を派遣します。

・昭和56年6月に建築基準法が改正され、耐震に関する基準が強化されました。
・「簡易耐震診断推進事業」は、法改正前(昭和56年5月以前)の基準で建てられた住宅の所有者の希望に応じて、町が「耐震診断技術者」を派遣し、調査・診断をおこなうものです。

○必要な費用の1割の負担で診断できます。
 例)木造戸建て住宅の場合、申込者負担額3,150円です。

 耐震診断の結果、「危険」「やや危険」の場合は、「住まいの耐震化」をご検討いただき、大きな地震から家族の命を守る備えとして、住宅を補強したり、建替えをお考えください。

制度の内容 耐震診断を希望される所有者のかたを対象に、町が「簡易耐震診断技術者」を派遣し、調査・診断を行い、その結果を報告するものです。
対象となる住宅 町内にある住宅で、昭和56年5月以前に着工したもの
申込者負担金 1棟あたり、木造戸建て住宅の場合、3,150円。※建物の構造等により、個人負担金は異なります。
申込方法 申込書に必要事項を記入し、建築時期のわかるもの、付近見取図を添えてお申し込みください。、
その他 申込にあたっては、事前協議が必要です。件数にも限りがありますので、お早めにお問合せ・お申し込みください。

関連書類

ご案内

関連分類

情報発信元

 お問い合わせ
ファックス:0790-82-0147
メールアドレス:kensetsu@town.sayo.lg.jp

アンケートより良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

役に立った どちらともいえない 役に立たなかった