現在の位置:トップ > 手続き・申請・業務 > 「手続き・申請・業務の高評価記事ランキング」の一覧

手続き・申請・業務

手続き・申請・業務の高評価記事ランキング」には212件の情報があります。

1位  戸籍謄・抄本等郵便請求手続
戸籍謄抄本等を郵便で交付申請するための手続きに必要な書類です。

町長部局 住民課 戸籍・住民相談室[平成25年6月26日(水曜日)17時4分]
2位  石井地域づくり協議会
 石井地域づくり協議会は、「自分たちの地域は自分たちで創り育てていく」ことを基本に、地域の持つ教育力、防災力及び福祉力などを発揮し、住民が自ら考え、自ら行う地域づくりを目的に、一生涯の健康・福祉・地域の環境整備・防災体制の確立、次世代育成による地域活性化・地域づくりのために、住民が連帯して、相互扶助の精神が生きる地域コミュニティを大切にした石井地域づくりの推進に寄与することを目的としています。



 ■スローガン
  ・地域の元気を応援する人の輪づくり
  ・ともに生きるみんなの安全と安心な暮らし
  ・地域の力を育むコミュニティの場づくりと仕組みづくり
町長部局 企画防災課 まちづくり企画室[平成27年8月5日(水曜日)11時9分]
3位  佐用町協働のまちづくり
『みんなで支え合い助けあう 協働のまちづくり』
 佐用町がめざす暮らしやすいまちづくりとは、よりよい生活を作っていこうとする「暮らしづくり」そのものが「まちづくり」です。
 そこで、佐用町では、「生涯学習」を通じて「人づくり」から「まちづくり」へ、また「学習」から「行動」へ一体的に展開し、地域力の向上を目指します。このことは、「佐用町総合計画」に、新しい町の将来像、まちづくり基本理念および基本姿勢として明確に記されています。
町長部局 企画防災課 まちづくり企画室[平成28年3月3日(木曜日)13時31分]
4位  健全化判断比率等(平成19年度から平成27年度分)
「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の状況を公表します。
町長部局 総務課 財政室[平成29年9月14日(木曜日)13時43分]
5位  地域防災力強化訓練事業
 地域防災力を強化し、災害への備えを充実するため、自主防災組織等の地域住民と小学校・中学校が連携して実施する避難訓練等を支援します。
町長部局 企画防災課 防災対策室[平成25年3月28日(木曜日)15時16分]
6位  国民健康保険 療養費の給付
 次のような場合は、いったん医療費を全額支払っていても、申請により保険適用分の保険給付額が払い戻されます。申請に必要な書類を添えて住民課、各支所・出張所へ申請してください。
 払い戻しの時効は、2年ですのでご注意ください。なお、福祉医療費助成制度に該当されている方は、福祉医療費助成の申請も必要となります。
町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年10月18日(水曜日)14時36分]
7位  水道断水・減水届出書
水道の断水または減水する事前の届出を行う書類です。
西はりま消防組合 佐用消防署 西はりま消防組合 佐用消防署 警防担当[平成25年4月1日(月曜日)11時7分]
8位  佐用町歴史的環境保存対策事業
 佐用町平福地区は、旧因幡街道の宿場町として繁栄しました。佐用川の水面に映える土蔵、川座敷群には、かつて宿場町として栄えた平福を見ることができます。佐用町では昭和58年に歴史的環境保存条例が制定され、地域と行政が街並みの保存・継承に取り組んできました。
町長部局 企画防災課 まちづくり企画室[平成24年4月2日(月曜日)9時13分]
9位  佐用町災害復興フォローアップ委員会
佐用町では、平成21年台風第9号による災害から復興と災害に強く町民が安心して暮らせるまちづくりを進めるため佐用町災害復興計画「きらめきプラン」(平成22年3月策定)を策定しました。この復興計画に基づき災害復興の状況及び課題を分析し、復興施策を推進するために佐用町災害フォローアップ委員会を設置する。
町長部局 企画防災課 防災対策室[平成25年2月6日(水曜日)9時38分]
10位  自主防災組織とは
 大震災から自分や家族の命を守るためには、様々な災害の発生に備えた十分な対策を平常時から講じておかなければなりません。
 発災直後の人命救助や初期消火活動は、近隣住民の協力が大きな役割を果たすことになります。日頃から地域の皆さんが一緒になって防災活動に取り組むための組織が「自主防災組織」です。
町長部局 企画防災課 防災対策室[平成25年2月6日(水曜日)9時38分]

現在の位置:トップ > お知らせ > 「手続き・申請・業務の高評価記事ランキング」の一覧

このページの先頭に戻る