最終更新日時:2016年10月11日(火曜日) 16時05分  ID:4-1-13-2124

児童虐待のご相談・通報

 児童虐待とは親や親代わりの養育者が、子どもに対し身体的に危害を加えたり、適切な保護や養育を行わないことによって、子どもの体や心までも傷つけてしまう行為をいいます。「虐待かな?」と思ったらご連絡ください。

 児童虐待の種類には、殴る蹴るなどの「身体的虐待」、性的ないたずらや性行為を見せたりする「性的虐待」、食事を与えなかったり、洗濯をしなかったり、病気になってっも受診させない「ネグレクト(養育の放棄、怠慢)」などがあります。
 保護者は、子どもの症状、けが等の原因を説明するときに「しつけ」と主張することがあります。しかし、その「しつけ」が、子どもにとってどういう影響があるかということが問題となり、子どもが「耐え難い」と感じればそれは虐待となります。
 虐待に気づいたり、「虐待ではないかな?」と思ったら、間違っていてもいいので連絡してください。さよう子育て支援センターや姫路子ども家庭センター、全国共通ダイヤルで受け付けています。連絡があれば担当機関から虐待がないかを確認に行きます。
 調査して虐待がなかったとしても、通報者が責任を問われることはありません。また、誰が通報したかということを漏らすようなことは絶対ありません。
 虐待はどこの家庭でも起こりえます。家族に協力が得られず、一人で悩んでしまうケースもありますので、周りの方がサインに気付いてあげてください。

・児童相談所全国共通3桁ダイヤル 189(いちはやく)
 ※お住まいの地域の児童相談所につながります。24時間受付可。
・さよう子育て支援センター 82-0341
・姫路子ども家庭センターホットライン 079-294-9119 ※24時間受付可


関連リンク

  • 児童虐待ホットライン
  • 児童虐待防止推進月間(11月1日から11月30日)
  • 児童虐待防止講演会

関連書類

  • 佐用町虐待防止マニュアル (PDF形式/1,833キロバイト)

ご案内

問い合わせ先 さよう子育て支援センター
電話番号 0790-82-0341
FAX番号 0790-82-0342

カテゴリ

教育・文化
  • 子育て

情報発信元

健康福祉課 子育て支援室 (さよう子育て支援センター内)
電話番号
0790-82-0341
ファックス
0790-82-0342
メールアドレス
kosodateshien@town.sayo.lg.jp