受益者負担金について

 下水道が整備されると、生活排水や雨水が速やかに排除されるなど、生活環境が改善され、土地の利便性や資産価値が高まります。
 そこで、下水道の利便を受ける人(受益者)に建設費の一部を負担していただくのが、「受益者負担金」です。
 下水道に接続するため、新たに公共ますを設置する場合は、受益者負担金(加入金)及び工事負担金が必要です。

   人数区分 供用開始後の加入金   工事負担金
一般家庭及び10人槽以下    225,000円  工事費実費相当額
   11~20人槽    300,000円  工事費実費相当額
   21~30人槽    450,000円  工事費実費相当額
   31~40人槽    600,000円  工事費実費相当額
   41~50人槽    750,000円  工事費実費相当額
   51~60人槽    900,000円  工事費実費相当額
(備 考)
  1 公共ますを共同で使用する場合は、加入者ごとの加入金とする。
  2 対象人員数が60人を超える場合は、その都度町長が別に定める。
 

関連リンク

カテゴリ

町民の方へ

生活・環境
上下水道

関連分類

情報発信元

 お問い合わせ
ファックス:0790-82-0482
メールアドレス:jogesuido@town.sayo.lg.jp

アンケートより良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

役に立った どちらともいえない 役に立たなかった